モーニング娘。

大谷翔平の理想の花嫁像が牧野真莉愛だったwwwwwwwww「身長が高くて、ずっと笑っていてくれる人」

ハロプロまとめトーク
 今やメジャーリーグを代表する超一流選手へと成長した大谷翔平。松井秀喜が2004年に記録したシーズン31本塁打に前半戦で早くも到達するなど、二刀流選手としてMVP獲得への期待が日に日に高まっている。さらに、オールスター戦にも史上初のDH部門&投手部門の複数部門で選出され、ホームランダービーへの出場も決定している。そんな大谷が日本球界で活躍していたころ、同い年のライバルと呼ばれていたのが、阪神の藤浪晋太郎だ。甲子園での対戦経験もあり、プロ入り時の評価は藤浪のほうが高かった。「大谷は二刀流やメジャー志向などが高校時代から話題になっていましたが、即戦力としての評価は藤浪のほうが上でした。大谷は日ハムに一本釣りされましたが、藤浪には4球団が競合。藤浪は阪神に入って1年めからローテーション入りし、3年連続で二桁勝利を挙げました。2015年には、最多奪三振のタイトルも獲得しています。この時点で、将来の…
タイトルとURLをコピーしました